「なぜか産後、肌の乾燥がひどくなった」と感じていませんか?産後の女性の体にはさまざまな変化が現れ、その影響で肌もカサつきがちになるといわれています。
乾燥肌はキメの乱れや毛穴の開き、くすみなどの原因になるため、できるだけ避けて通りたいですよね。では、どうしたら肌のうるおいを取り戻せるのか、産後の乾燥肌を引き起こす原因とあわせて見ていきましょう。

産後の肌が乾燥しやすい理由

ホルモンバランスの変化

産後の肌が乾燥しやすい理由には、女性特有のホルモンバランスが大きく関係しています。そもそも女性ホルモンには、肌のうるおいを保つ働きがあります。しかし、出産すると女性ホルモンの分泌量が一気に低下し、肌のコンディションが悪くなってしまうのです。

便秘

産後の女性は母乳育児による水分不足や、出産時の手術の跡などが原因で、便秘がちになります。実はその便秘も、肌の健康状態に悪影響を与えます。腸内に老廃物が溜まると栄養を十分に吸収できなくなり、乾燥肌や肌荒れを引き起こしてしまうのです。

ストレスや睡眠不足

育児によるストレスや睡眠不足も、産後の肌荒れの原因になります。ストレスや睡眠不足などによって自律神経が乱れると、肌のターンオーバーも乱れがちになり、カサつきやゴワつきが目立つ肌になってしまうのです。

産後の肌にうるおいを取り戻すには

化粧品やスキンケア方法を見直す

産後の肌は、女性ホルモンの分泌が減少する影響で、乾燥性敏感肌になる傾向があります。刺激の強い化粧品は避けて、敏感肌用の高保湿化粧品を使うようにしましょう。「以前はさっぱりタイプの化粧品を使っていた」という人も、産後に乾燥を感じやすくなったなら、しっとりタイプの化粧品に変えることをおすすめします。
また、肌への摩擦は乾燥や肌荒れが悪化する原因になります。スキンケアやメイク時には肌をこすらず、できるだけ優しく触れるようにしましょう。

食物繊維や発酵食品を摂る

野菜・海藻類・きのこ類に多く含まれている食物繊維や、納豆・ヨーグルト・キムチなどの発酵食品は、腸内環境を整えて排便を助けてくれます。産後の便秘に悩まされている人は、これらの食品を積極的に取り入れましょう。

ストレスを溜めない・解消する

育児にストレスはつきものですが、周囲に頼ったり相談したりするなどして、できるだけ溜め込まないようにしましょう。どうしてもストレスから逃れられない場合は、運動や趣味などでこまめに発散させることをおすすめします。 特にウォーキングなどの有酸素運動には、ストレス緩和効果があるといわれています。運動をすると腸が適度に刺激されるため、便秘と肌荒れの予防にもつながりますよ。

産後の乾燥

女性ホルモンの分泌量は産後に減少しますが、時間の経過とともに元に戻っていきます。それにともなって肌の変化も落ち着いてきますから、まずは慌てずに適切なスキンケアとインナーケアを行って、肌トラブルの予防につなげましょう。

コラム一覧へ