「最近、目元にハリがなくなってきたような気がする」とお悩みではありませんか? 目元にハリがなくなると、それだけで疲れて老けた印象を与えることがあります。ハリがなくなってたるんだ目元をケアして改善すれば、表情も若々しく明るくなるものですよ。
そこで今回は、目元のハリが低下する原因やハリ低下のチェック方法、目元のハリをキープするためのケア方法について紹介します。

目元のハリが低下する原因とは?

目のまわりの皮膚は、他のパーツに比べても非常に薄いという特徴があります。目元は毛細血管が多く、皮脂腺の少ない部位です。目元はとてもデリケートなので、紫外線ダメージや乾燥といった刺激に非常に敏感なのです。また、アイメイクの刺激が目元のハリ低下につながるケースもあります。
人間は1日に1万回以上まばたきをするといわれています。さらに、パソコンやスマートフォンなどで目を酷使しており、目の疲れを感じやすいという方は、特に注意が必要です。1日を通して頻繁に働き続けている目元には、乾燥やたるみといったダメージも起こりやすいのです。

目元のハリ低下をチェックしてみよう

デリケートな目元には、知らず知らずのうちにハリの低下が起きていることもあります。若々しさを保つためにも、まずは目元のハリが低下していないかをチェックしてみましょう。

・最近目のまわりにシワが寄るようになった
・目元にくぼみや影ができている
・まぶたが腫れぼったい感じがする
・目が小さくなった気がする

これらの項目に心当たりがある方は、目元のハリの低下が始まっている可能性が高いといえます。

目元のハリをキープするためのケア方法

目元のハリの低下を食い止めるためには、丁寧な肌ケアが必須といえます。乾燥肌を防ぐため、化粧水やクリームで目元を保湿するよう心掛けましょう。デリケートな目元には、目元専用のケアアイテムを使うのもおすすめです。
普段、濃いアイメイクをしているという方は、優しくメイク落としをするよう心掛けたいですね。メイク落としのときにゴシゴシとこすると目元のたるみが起きやすくなるので、肌をいたわりながら優しくメイクオフしましょう。

目のストレッチも取り入れてハリをキープ!

目元の筋肉を鍛えてハリを取り戻すために目のストレッチも取り入れてみましょう。目を強く閉じて5秒キープし、目を大きく見開いて5秒キープするエクササイズを10回程度繰り返すだけでも、目元の筋肉が鍛えられ、ハリの低下が改善されやすくなりますよ。
疲れ目を感じている方は、蒸しタオルやホットマスクを目に当てて目を休めるのも効果的です。

目元はり

目元の皮膚は薄く刺激に弱いため、油断しているとハリがなくなってしまいます。目元のハリ低下を改善するためには、スキンケアや目のエクササイズのほか、目元をじっくりと休ませるといった対策が有効です。
意識的に目元ケアを取り入れ、いつまでも若々しい表情をキープしましょう。

コラム一覧へ