LIVING ROOM

日々の暮らしを支えるメディア

授かり体質になる!
赤ちゃんのお家を整える為のながらエクササイズ

わざわざ運動しよう!と思わずに、家事やテレビ、パソコンなどを見ている時に正しい姿勢をとるだけで、子宝エクササイズになるお家での活用編!

毎日の生活習慣に組み込む簡単「ながらエクササイズ」メソッド Vol.4

授かり体質になるポイントは「ながら」

 ちょっとした時間を使ってできる「ながら」は忙しい毎日を送られている読者の皆さんにこそ、ぜひ取り入れてほしいエクササイズです。1日数分でもまっすぐな姿勢を意識する時間を作ればいいだけなので、ぜひあなたもチャレンジしてみてください。

骨盤と姿勢のお話

骨盤図

 骨盤とはいわゆる赤ちゃんを迎え入れるお家になります。左の図を見ていただければ、一目瞭然ですよね。また、妊活の重要なポイントとなるのは「ホルモンバランス」です。実は、骨盤と姿勢は大きく関連しているんです。ホルモンバランスを正常にして子宮から視床下部とよばれる脳のホルモンバランスを司る部分まで伝達を促す役割をしているのが「仙骨の動き」と「背骨」になります。

背骨を通して、神経伝達と呼ばれる組織は常に脳と内臓系の連絡をとりあっているので、連絡経路に歪みがでると、伝達が滞りやすくなることはイメージできますよね。だからこそ、ホルモンバランスの流れを阻害する要因になりえる背骨や骨盤の歪みは妊活にとって大敵なんです。

Lesson.1 基礎編


基本の動作でお家エクササイズ!ながらエクササイズ 「基礎編」

 意外とお家の中にいるときって、立ったり、座ったりが多いと思いませんか?この時間を利用して、「ながらエクササイズ」を少しずつ取り入れる様に意識をしてみましょう。

座りながらエクササイズ

【 座っているときは、 Lの姿勢を意識!】
写真の楕円で囲ったところに注目!お尻の下にクッションを挟めばラクチンです♪TVを見ながらでもOKなので妊婦さんにも好評です。


立ちながらエクササイズ

【立ちながら簡単エクササイズ!】
①背中と足をまっすぐ伸ばすことを意識しましょう。

②壁を利用するとGood!このときお腹の角度は120°くらいになるように意識しましょう。

コンテンツライン

Lesson.2 応用編


使慣れてきたら家事をしながらエクササイズ!キッチンで取り入れる 「応用編」

  毎日の家事に「ながらエクササイズ」を取り入れれば更に効率アップ!今回は料理や洗い物などのシーンに活用できる「キッチンエクササイズ」をご紹介♪

これはNG 悪い姿勢の例

【こんな姿勢になっていませんか?】
背中がまるまっていると、肩こりの原因にも…少しの意識で姿勢は改善できるので、諦めてしまう前に実践してみましょう。


家事しながらエクササイズ

【キッチンで実践!ながらエクササイズ】
①首を曲げずに目線を下げ、天井に引っ張られているイメージを意識しましょう。

①シンクから10~20cm離れた所に立ち、頭から足までが一直線になるように意識しましょう。


and more! 呼吸法をPLUSすれば、自律神経も整えられます!

自律神経を整えるには正しい姿勢、深い呼吸が基本となります。意識的にリラックスするために取り入れやすいのが『腹式呼吸法』深い呼吸は心を落ちつかせ、心身ともに緊張を解きほぐしてくれますよ。

①おなかを膨らませながら、「2秒」ほど鼻からお腹いっぱい空気を吸い込む。

②おなかに力をいれながら、ゆっくりと「5秒」で吐ききる。2秒+5秒のカウントをとり、気持ちのいい回数でOKです!

  教えてくれたのは   

野口早苗

姿勢調律士 野口早苗 [ Sanae Noguchi ]
姿勢調律士として、これまでに多くの妊婦さんの心身ケアや、妊活サポートをしてきた経験を持つ。 sanareサロンにてピラティス&オステオパシーを取り入れた姿勢調律による心身のトータルケアサロンを運営。(社)日本姿勢調律協会代表理事。講師育成に取り組みながら普及活動を行う。
http://sanare-aoyama.com/