LIVING ROOM

日々の暮らしを支えるメディア

2021.05.25

老ける原因は日焼けだった!? 肌の老化を防ぐ紫外線対策5ヶ条

女性イメージ

日焼けは肌を黒くするだけでなく、老化の原因になるといわれています。
なんと肌の老化の約8割が、紫外線にあるといわれているのです。 日焼けで老けるメカニズムを、日常的に取り入れるべき紫外線対策方法とあわせて見ていきましょう。

老ける原因は日焼けだった!? 光老化のメカニズム

肌に悪影響を与える紫外線は、主に「UVA」と「UVB」に分けられます。
このうち、肌の老化に大きく関係しているのはUVAです。 UVAは肌の奥深くまで到達し、弾力を保つコラーゲンやエラスチン、さらに細胞の遺伝子にまでダメージを与えます。
その結果、シワやたるみなどの老化現象を引き起こしてしまうのです。この現象は「光老化」といわれ、美容業界でもその恐ろしさが取り沙汰されています。

老けないためにはUVA対策が必要

もう一方のUVBは、肌の炎症を引き起こしてメラニンの生成を促すため、シミの原因になります。 シミも肌の見た目年齢に大きく関わりますから、UVBも十分に怖い紫外線といえるでしょう。

ただし、UVBは波長が短く、晴れた日以外はほとんど地上に降り注ぎません。 対してUVAは波長が長く、雲を通り抜けるため、天気の悪い日でも地上に届きます。UVA量はUVB量のなんと20倍ともいわれているのです。 老けないためにはUVA対策が必要不可欠だと考えられますね。

光老化を防ぐ紫外線対策方法

日常ではPA++~+++の日焼け止めを使う

日焼け止めに表示されているPAはUVAカット効果を表していて、PAに続く「+」の数が多いほどUVAを防ぐ効果が高くなります。 通勤や近所への買い物など、日常的なシーンではPA++~+++の日焼け止めを使いましょう。

レジャーではPA++++の日焼け止めを使う

海や山、屋外でのスポーツ観戦といったレジャーシーンでは、より多くの紫外線を浴びることになります。
光老化対策を万全にするために、PA++++の日焼け止めを使うことをおすすめします。
また、晴れた屋外ではUVB量も多くなります。UVBカット効果はSPFで表されますから、PA++++に加えて、SPF50の日焼け止めを選びましょう。

日焼け止めは厚めに塗る

光老化対策には日焼け止めが欠かせませんが、実は薄く塗った程度ではその効果が発揮できません。 たとえ伸びが良くて薄付きの日焼け止めでも、たっぷり塗りましょう。日差しを浴びやすい顔、首、肩、手などは重ね塗りをおすすめします。

天気の悪い日や家の中でも対策を

UVAは波長が長く、雲だけでなく窓も通り抜けます。曇りや雨の日の屋外はもちろん、家の中でもしっかり対策をおこないましょう。 朝のスキンケア後には、日焼け止めを塗る習慣を身につけておくと安心です。

UVA対策は1年中おこなう

UVAは春頃から増え始め、夏の時期にピークを迎えますが、UVBと比べると年間を通して一定の量が降り注いでいます。 たとえ日差しの弱くなる冬でも、対策は忘れないようにしましょう。

女性イメージ

老けないために日焼けを防ごう

日焼け対策というと肌が黒くなるのを防ぐためにおこなうもの、と思いがちですよね。 しかし、老けないためにも十分な対策が必要です。光老化を少しでも食い止めるために、紫外線対策を習慣化していきましょう。