LIVING ROOM

日々の暮らしを支えるメディア

2021.05.25

話題の筋膜リリース、気になる効果やダイエットとの関係とは

トレーニングイメージ

いたるところで見聞きするようになった筋膜リリースという言葉。
「健康やダイエットに良さそうだけれど、詳しいことはよく分からない」という方も多いのではないでしょうか。
そこで今回は、筋膜リリースの概要や効果、自宅でのやり方についてご紹介します。

筋膜リリースとは? その効果もチェック!

そもそも筋膜とは、体中の筋肉を包み込んでいる組織のこと。 筋膜そのものは柔らかいのですが、悪い姿勢などの影響でこわばると、筋繊維に癒着して筋肉の柔軟性を低下させ、体の疲れや凝りなどを招いてしまいます。

そんな筋膜の癒着を和らげるのが、筋膜リリースです。筋膜のこわばりを取り除くことで、筋肉の動きをスムーズにする効果があります。 また、筋膜リリースをおこなうと日常的な動作がしやすくなるため、疲れにくい体へ導く効果、姿勢を改善する効果なども期待できます。

筋膜リリースはダイエットにも良い?

筋膜リリースは、ダイエットにも効果的だといわれています。 その理由は、筋肉の動きが改善されることで血流も良くなり、おのずと代謝量がアップするため。 また、疲労回復がスムーズになり、日常的な活動や運動がしやすくなることも、ダイエット面でプラスに働きます。

さらに血行が促されるとむくみが改善されるため、スリムな見た目につながるでしょう。 「疲れやすい」「運動が苦手」「むくみで体が重い」という方は、積極的に取り入れてみてはいかがでしょうか。

筋膜リリースのやり方

筋膜リリースにはさまざまなやり方がありますが、最近では筒状のフォームローラーを用いる方法が人気です。
フォームローラーはスポーツ用品店や通販サイトなどで購入できます。長さ30cmのものが使いやすく持ち運びやすいため、初心者の方におすすめです。

フォームローラーを用いた筋膜リリースのやり方

① フォームローラーを床に置き、背中、肩甲骨、腰、お腹、太もも、ふくらはぎなど、筋膜をほぐしたい部分を乗せて自分の体重をかける

② こわばっている部分にローラーをフィットさせたら、体を揺らして筋肉を刺激する

筋膜リリースのポイント・注意点

慣れないうちは体重をかけすぎない

筋膜リリース中はある程度の痛みをともないますが、慣れないうちは激しく痛むことがあります。最初は体重を軽くかけて、慣れてきたら徐々に負荷を増やしましょう。

ほぐしすぎに注意

ほぐしすぎると、筋肉などを傷つける恐れがあります。ほぐす時間は1箇所につき、60秒程度にすることがポイントです。

テニスボールでも代用可

筋膜リリースは、テニスボールでもおこなえます。 とくに足の裏や二の腕など、ピンポイントで刺激したい部位には最適です。ローラーがないときは、テニスボールで代用してみましょう。

トレーニングイメージ

筋膜リリースで毎日の動きをスムーズに!

筋膜リリースは運動ではなく、体を動かしやすくするためのセルフコンディショニングです。 続けることで効果を実感しやすくなりますから、定期的に取り入れてダイエットや健康に生かしてみてはいかがでしょうか。