LIVING ROOM

日々の暮らしを支えるメディア

2020.12.17

手足が冷たい「末端冷え性」の原因&今すぐできる対策方法

冷え性イメージ

手足のつらい冷えに悩まされていませんか? その悩みを解消するためには、まず『末端冷え性』の特徴や原因を知っておくことが大切です。 冬でもポカポカと温まる手足に近づくために、末端冷え性の基礎知識と対策方法をチェックしてみましょう。

末端冷え性とは

末端冷え性とは、手足の先に冷えを感じる症状のこと。冬に多いイメージがありますが、季節はとくに関係なく、夏に悩まされる方も少なくありません。

冷え性にはさまざまな種類があり、お腹が冷える内側冷え、腰から下が冷える下半身冷えなどがあります。末端冷え性は手足の冷えのせいでなかなか寝つけず、眠りが浅い傾向にあるのが特徴です。

末端冷え性の主な原因

筋肉量が少ない

筋肉は熱を作り出したり、血液を体のすみずみに送ったりする役割があります。このため筋肉量が少ない方は、必然的に手足が冷えやすくなります。 比較的痩せ型の女性に多く見られますが、運動不足の方も筋肉量の低下と筋肉の硬化による冷えに悩まされやすいでしょう。

自律神経の乱れ

睡眠不足、緊張、ストレスなどによって自律神経が乱れると、体の体温調節が上手くできなくなり、冷えにつながることがあります。 夏でも冷え性になるのは冷房を使う影響で室内外の温度差が激しく、自律神経が乱れるためだと考えられています。

今すぐ始めたい末端冷え性の対策方法

筋トレやウォーキングをおこなう

筋肉量が減少すると冷えを感じやすくなりますから、筋肉量を増やす運動を取り入れてみましょう。 おすすめの運動法は、スクワットなどの筋トレ、ウォーキングです。下半身に負荷がかかる運動をすることで大きな筋肉が鍛えられ、筋肉量を効率よく増やすことができます。

生活の中でもこまめに動く

筋トレやウォーキングはもちろんですが、生活の中でこまめに動くだけでも血行が促されて冷えの改善につながります。 デスクワークに就いている方は1時間に1回立ち、屈伸などの簡単な体操をおこなうといいでしょう。 どうしても忙しいときは座ったままかかとの上げ下げをしたり、手を握ったり開いたりするだけでも効果的です。

3つの首を温める

「首」「手首」「足首」には太い動脈が通っていて、この部分が外気にさらされると血液が冷えて全身も冷えやすくなります。 これらの3つの首をマフラーやアームウォーマー、レッグウォーマーなどでしっかりカバーして、冷えを未然に防ぎましょう。

たんぱく質を十分に摂取する

肉、魚、卵、大豆製品などに含まれるたんぱく質は、筋肉の材料になる大切な栄養素です。普段から積極的にたんぱく質を摂取し、筋肉量の維持につなげましょう。 たんぱく質は消化に時間がかかるため、胃腸に負担をかけないようによく噛んでゆっくり食べてくださいね。

睡眠不足やストレスを避ける

睡眠不足やストレスは、冷えを悪化させる原因になります。 毎日できるだけ十分な睡眠時間を確保し、ストレスになるようなことからはできるだけ距離をおきましょう。ストレスを溜め込んでしまったときは、運動や趣味などで解消することをおすすめします。

女性イメージ

末端冷え性の改善は生活習慣から

冷え性には、普段の生活習慣も深く関係しています。「体を冷やさない、運動をする、栄養を摂る」の三原則を心がけて、快適で健康な体を保っていきたいですね。