LIVING ROOM

日々の暮らしを支えるメディア

2020.12.02

妊娠中はなぜ葉酸が必要なの? 4つの重要な理由とは

野菜イメージ

妊娠中は、葉酸を積極的に摂取することが推奨されています。妊娠していないときの2倍近い量の葉酸が、妊婦さんには必要だといわれているのです。
では、なぜ妊娠中はそんなに葉酸が必要なのでしょうか?
今回は、意外と知られていない葉酸の効果とあわせて、その重要性を探ってみましょう。

妊娠中に葉酸を摂るべき理由とは

赤ちゃんの神経管閉鎖障害を予防するため

妊娠初期には、赤ちゃんの神経管がつくられます。
神経管はいずれ脳や脊髄になる器官で、この部分に障害があると下半身麻痺や死産の原因になってしまうことがあります。 そんな神経管閉鎖障害のリスクを減らす栄養素こそ、葉酸です。 葉酸はDNAの合成に必要な栄養素で、十分に摂取することによって細胞分裂の失敗を防ぎ、健康な神経管をつくる手助けをしてくれるのです。

胎児の神経管閉鎖障害を予防するためには、妊娠してごく初期に十分な葉酸を摂取する必要があります。 妊活中から葉酸の摂取が必要だといわれているのは、このことが関係しているのですね。
妊娠中の方だけでなく、妊娠の可能性のある方、妊娠を望んでいる方も、積極的な摂取を心がけましょう。

赤ちゃんの成長に欠かせないため

葉酸は細胞分裂を助けるビタミンですから、神経管以外の成長にも欠かせません。
お腹の中にいる赤ちゃんが大きく健康に育つためにも、十分な葉酸が必要なのです。 さらに葉酸は、乳幼児の発育も促します。赤ちゃんが生まれてから、すなわち授乳中も積極的な摂取が推奨されています。

妊婦の貧血を予防するため

実は葉酸は赤ちゃんだけでなく、妊婦さん自身にも必要な栄養素です。
そもそも葉酸はビタミンB群の1種で、ビタミンB12とあわせて赤血球の合成を促すことから「造血のビタミン」とも呼ばれています。 新しい赤血球をつくるため、母体の貧血を予防する効果が期待できるのです。貧血によるふらつきや転倒を防ぐことも、母体と胎児を守ることにつながるでしょう。

なお、貧血を防ぐためには、鉄分も欠かせません。
とくに妊娠中期や後期には、妊娠していないときの2倍以上の鉄分が必要だといわれています。葉酸といっしょに鉄分も積極的に補いたいですね。

妊婦の動脈硬化リスクを減らすため

葉酸は、ホモシステインというアミノ酸をメチオニンやシステインに変換する働きがあります。
しかし葉酸が不十分だとこの働きが鈍くなり、ホモシステイン不足によって血栓ができやすくなるというリスクが生じます。 その結果、動脈硬化、脳卒中、心筋梗塞などの原因になることもあるのです。 血中のホモシステインは加齢にともなって濃度が上がりやすくなるため、高齢の方は意識して摂ることが推奨されています。

女性イメージ

妊娠中は葉酸サプリメントを活用しよう

以上のように、葉酸は妊婦さんに欠かせない栄養素です。
しかし、食品から摂取できる葉酸はごくわずかだといわれています。 毎日無理なく摂取するために、葉酸、鉄分、カルシウムなど、さまざまな栄養素が効率よく補給できるサプリメントを活用してみてはいかがでしょうか。
赤ちゃんとご自分のために、信頼できるサプリメントを選んでくださいね。