LIVING ROOM

日々の暮らしを支えるメディア

2019.05.30

貧血の人は肌荒れしやすい!?その理由と対策について

目イメージ

多くの女性にとって、貧血はよくある悩みのひとつではないでしょうか。貧血というと、めまいや頭痛をイメージしがちですが、実は肌荒れの原因でもあります。なぜ、貧血が肌トラブルを引き起こすのか、今回はその理由と対策について解説していきます。肌荒れが気になるという方は、貧血が原因になっているかもしれません。

なぜ女性に貧血が多いのか?

一般的に、女性は男性に比べて貧血になりやすいと言われています。その理由としては、月経や過度なダイエットによる鉄分不足がもっとも多いです。女性は、毎月の月経により多くの赤血球を失うため、貧血を起こしやすくなってしまいます。また食事制限を伴うダイエットでは、栄養バランスが崩れやすく鉄分不足になりがちです。このように、女性にとって貧血は身近な病といえるでしょう。しかし、貧血の症状が軽いと、気づかずに放置してしまい、悪化する場合が多いので注意が必要です。特に生理期間中は、鉄分補給を心がけましょう。

貧血が肌荒れを引き起こす理由

鉄分には、コラーゲンや粘膜、皮膚を生成し代謝する働きがあります。そのため、貧血で血行不良になると、必要な栄養が肌の隅々まで届かなくなり肌の代謝が悪くなります。そうなると肌が乾燥して、さまざまな肌トラブルを引き起こす原因になるので注意が必要です。また、血行不良により体温が下がると免疫力も低下し、健康な肌を維持するのが難しくなります。免疫力が低下すると、吹き出物などのトラブルが起こりやすくなり、治りも遅くなってしまうでしょう。なんとなく化粧のノリが悪いときや乾燥しがちなときは、鉄分不足になっていないか、気を付けたいですね。

貧血を改善してきれいな肌を手に入れよう

いくら化粧水で肌のケアをしても肌荒れが良くならない場合、まずは貧血を改善してみましょう。鉄分補給には、食事とサプリメントを上手に組み合わせることが大切です。ほうれん草や小松菜などの植物性の鉄分は、吸収率があまり良くありません。そのため、貧血には吸収性の高い動物性の鉄分がおすすめです。主に、レバーやあさり、かつおに多く含まれています。これらの食材を毎日の食事に取り入れてみましょう。サプリメントは、錠剤からドリンクタイプまでさまざまなので、好みのものを選ぶとよいです。鉄分は、カフェインと一緒に取ると吸収されにくくなるので、コーヒーが好きな方は食後1時間以上あけて飲むようにしましょう。

貧血イメージ

貧血が肌荒れを引き起こすことは、あまり知られていません。しかし、鉄分は美容のために必要不可欠な栄養素です。貧血になる前にきちんと補給して、きれいな肌を維持しましょう。最近肌の調子が良くないなと感じる人は、貧血を疑ってみてください。