LIVING ROOM

日々の暮らしを支えるメディア

2018.12.30

肌のゴワつきは「角質」が原因。むきタマゴ肌を取り戻すケア方法は?

女性イメージ

なかなか改善されない肌のゴワつきやカサつきに悩まされていませんか?もしかしたらその肌トラブルの原因は、肌に溜まった古い角質かもしれません。
古い角質が蓄積すると、肌が硬くなって毛穴が詰まり、化粧ノリも悪くなりやすいといわれています。そんなトラブルを防いで柔らかな肌を取り戻すために、角質が溜まる原因や解消方法を探ってみましょう。

古い角質が肌に蓄積する原因

肌のターンオーバーの乱れ

肌のターンオーバーとは、皮膚の一番外側にある表皮が生まれ変わるサイクルのこと。ターンオーバーが正常に繰り返されると、古い角質は自然と剥がれていきます。
しかし加齢、乾燥、食生活の乱れ、ストレス、睡眠不足などによって肌に十分な栄養が行き渡らなくなると、ターンオーバーが乱れて古い角質が蓄積しやすくなります。

紫外線や摩擦などの刺激

紫外線や摩擦などの外部刺激は、角質が厚くなる原因になります。肌に強い刺激を受けると、それ以上のダメージを防ぐために、盾のような役割をする角質が厚くなってしまうのです。古い角質が表面に残るため、ゴワつきやカサつき、毛穴詰まりなどの原因になります。

肌トラブルを防ぐ角質ケア方法

酵素洗顔やピーリングで古い角質を取り除く

蓄積した古い角質は、「酵素洗顔」や「ピーリング」で除去できます。市販されている酵素洗顔料もしくはピーリング化粧品を用いて、肌をこすらず優しく落としましょう。
ただし、過度な角質ケアは、かえって肌トラブルを招く原因になります。酵素洗顔もしくはピーリングのどちらか一方を、週に1回行う程度にしましょう。

保湿をしっかり行う

角質ケア後は、肌を覆っていた古い角質が除去されるため、肌の水分が蒸発しやすくなります。いつも以上に十分な保湿ケアを行って、乾燥を防ぎましょう。保湿によって角質層の水分量が保たれると、肌が柔らかくなり、ターンオーバーが整いやすくなります。

食生活・生活習慣を見直す

食生活や生活習慣の乱れは、肌のターンオーバーの乱れにつながります。普段からバランスの良い食事、十分な睡眠、適度な運動などを心がけて、体の内側から肌の健康を支えましょう。
たとえば食事なら、肌やホルモンの材料になるタンパク質を十分に摂ることが大切です。タンパク質が豊富な肉、魚、大豆製品、卵、乳製品などをバランス良く補いましょう。

スキンケアイメージ

肌に古い角質が溜まると、毛穴が詰まってニキビや吹き出物の原因にもなります。つるりとした美しい肌を保つために、肌のターンオーバーを整えるスキンケアを続けていきましょう。