LIVING ROOM

日々の暮らしを支えるメディア

2018.10.15

生理時にレバーのような塊が出るのはなぜ?妊娠への関係は?

女性イメージ

妊活中に生理が訪れると、やはり少なからずショックを受けてしまうもの。そしてさらに生理の様子がおかしく、レバーのような塊が多いと、不安も大きくなってしまいますよね。
不安解消につなげるために、生理時に塊が出る原因を、妊娠への影響とあわせてチェックしてみましょう。

生理の際に現れるレバーのような塊の正体とは

生理の際に現れるレバーのような塊は、血液が固まってできたものです。本来、経血は酵素の働きによってサラサラの液体で出てきます。
しかし体に何らかの異常があると、経血量が多くなり、塊も出やすくなる「過多月経」になることがあります。では、このような過多月経を引き起こす原因を見ていきましょう。

生理時に血の塊が出る原因

ホルモンバランスの乱れ

ホルモンバランスが乱れて黄体ホルモンが働きにくい状態になると、子宮内膜が異常に分厚くなることがあります。
その厚くなった子宮内膜が一気にはがれ落ちることで、塊のまま排出されてしまうのです。なお、ホルモンバランスの乱れによる過多月経は、思春期や更年期に多いといわれています。

体の冷え

体が冷えていると経血が排出されにくくなる分、塊ができやすくなります。普段から薄着の人、冷たい飲食物を摂りすぎる人、運動不足な人は、冷えによる影響も考えられるでしょう。冷えが続くとホルモンバランスの乱れにもつながりますから、早めの冷え対策&温活が必要です。

病気

レバーのような塊が大きい場合は、婦人科系の病気が隠れている可能性も考えられます。子宮筋腫、子宮筋腫ポリープ、子宮腺筋症、子宮内膜増殖症などが、過多月経の原因になるといわれています。

生理時の血の塊と妊娠との関係性

血の塊が頻繁に出たり、経血量が多かったりする場合は、上記のようなことが関係していると考えられます。これらはいずれも妊娠に影響を与えますから、楽観視は避けたほうがいいでしょう。
特に血の塊が大きい場合は、まず婦人科を受診し、病気が隠れていないか確認することをおすすめします。異常がない場合は、生活習慣や体の冷えを改善し、ホルモンバランスを整えましょう。

ナプキンイメージ

レバーのような塊が出ると不安になりますが、その不安を放置しているとストレスになり、それこそ妊活に悪影響を与えてしまいます。少しでも不安な場合は婦人科へ行き、医師に相談することが大切です。早めの行動で、前向きな妊活へとつなげましょう。