LIVING ROOM

日々の暮らしを支えるメディア

2017.10.30

肌トラブルに注意!暖房による肌の乾燥を防ぐ方法は?

寒い冬には暖房が必要不可欠になります。しかし暖房を使っているうちに肌が乾燥してしまうと、肌トラブルや免疫力の低下が起こりやすいので要注意。 暖房が引き起こす深刻な肌ダメージを防ぐには、どうしたら良いのでしょうか?

暖房が引き起こすトラブルとは?

寒い日に暖房を長時間つけていると、肌の水分はどんどん蒸発し、乾燥を招いてしまいます。肌は乾燥するとバリア機能が低下してしまうため、次第に角質が剥がれてカサカサになってしまいがち。また、肌の乾燥によって毛穴詰まりが起こると、シワやシミ、ニキビやくすみといった肌ダメージが起きやすくなります。
暖房のつけっぱなしは空気中のウイルスを活性化させてしまい、喉の乾燥などの体調不良を引き起こすだけでなく、免疫力が低下するおそれもあります。 免疫力が下がると肌質も悪くなってしまいがちなので注意が必要です。

暖房による乾燥被害を防ぐ対策法

では、暖房による肌質の低下を防ぐには、どんなことに気をつけたら良いのでしょうか。

・肌の保湿を重視する

冬のスキンケアは、保湿を重視するのがポイントです。洗顔後には暖房にあたる前に保湿ケアをして、乾燥から肌を守りましょう。
化粧水や乳液、クリームは保湿成分の入ったものを選びましょう。人肌ぐらいにあたためてから使うと、肌に浸透しやすくなります。

・こまめな水分補給を心がける

熱中症のおそれがある夏場とは違い、冬場はついつい水分補給がおろそかになってしまいがち。しかしこまめな水分補給は肌や体の乾燥を防ぐことにつながるので、意識的に水を飲むようにしましょう。 特に、朝起きてすぐやお風呂のあとには必ず水分補給をしたいものです。

・適度に加湿して乾燥を防ぐ

冬は暖房器具と加湿器を並行して使い、乾燥を防いでいきましょう。加湿器がない場合は室内に洗濯物やタオルを干したり、観葉植物を置いたりするのがおすすめです。
ただし加湿しすぎると結露やカビが起きて健康被害につながるおそれもあるので、適度な加湿を心がけたいものです。

・必要ない時には暖房を消す

寒いからと四六時中暖房をつけっぱなしにすると、肌ダメージはどんどん進行してしまいがちです。寒さが和らぐ日中や、布団の中にいる真夜中などには、暖房を消して乗り切るのが良いでしょう。

冬の肌は常に乾燥のリスクと隣り合わせ。寒い時期に暖房を使いすぎたり肌ケアをおろそかにしたりすると、深刻な肌トラブルにつながることもあるので気をつけたいものです。 冬の肌を乾燥から守る保湿ケアを常に心がけ、うるおいをキープしていきましょう。